仕事における「悪環境」とは・・・?

仕事における「悪」とはどんなものだろう

 

幸いにもこの問題については

質の高いメタ分析がいくつか行われている

 

「人間がストレスを感じやすい職場の条件」とは

 

有名なのは

組織行動学者のジェフリー・フェファー氏が手がけたメタ分析

 

シカゴ大学が1972年から毎年のように

実施した全国調査を使った大規模な研究

 

研究チームはデータに細かな感度解析を行い

「従業員に悪影響をおよぼす労働条件」を絞り込んだ

 

結論から言えば

あなたに悪影響をおよぼす職場の特徴は二つ

 

一つが時間の乱れ

 

二つが職務の乱れ

 

「時間の乱れ」は働く時間の混乱が原因で

健康リスクが増大するパターン

 

やたらと労働時間が長かったり

出勤時間がコロコロ変わったり

プライベートを過ごす時間がなかったりと

労働のタイミングに問題がある状態を指す

 

もう一つの「職務の乱れ」は

仕事や報酬の内容に一貫性がないせいで

体を崩すパターンのこと

 

タスクの内容がバラバラだったり

賃金の支払い基準が不公平だったり

労働の内容にストレスを感じてしまうような状況

 

これらの条件を満たす職場で働く人は

肺がんや胃がんなどの発症率が上がり

うつ病や不安障害に苦しみやすく

通院の期間も長くなり

最終的には早死にする傾向がある

 

いかにも体に悪そうな話だが

同論文は「職場におけるストレスは

受動喫煙よりも体に悪い」と結論づけている

 

受動喫煙が肺がんや心疾患リスクを増大させるのは周知の事実

 

しかし

ネガティブな職場がもたらす心身のダメージは

それを40%も上回るという

 

著書の引用はここまで

 

話としては分かりやすいもの

 

時間の乱れと職務の乱れについて

あなたがもし仕事をしているのであれば

現状に心当たりはありますか?

 

前提としては

成り行きに任せるなら

悪い職場でストレスを溜めることだろう

 

環境はコントロールできない部分が多いだろう

 

ならば

自分をどう変えていくかを

前もっと考えておこう

 

しかし

それらを乱すのは成り行きに任せている「人」によるもの

 

しかし誰が乱すのだろう

 

そう

もしかしたら誰もが

「自分じゃない」と思っているだろう

 

或いは

「あの人が・・・」と思っているだろう

 

その場の人それぞれが

そう思っているだろう

 

成り行きとはそういう視点という前提がある

 

不快なことに対しては

自分事より他人事を先に思いつく

 

たとえば

長時間労働

かなりブラックなイメージとなっている

 

よくよく考えてみよう 

 

長く働くのは自らそうしたいと思うのなら

別に問題ない

 

リーダーシップを発揮している

 

しかし

その職場や人(上司)からの圧力で長く働くのであれば

大いに問題となる

 

イエスマンとしかなり得ない

 

自分の意思以上に

相手に支配されている状態なら

ストレスがかなり溜まるだろう

 

この違いが前提であり

長く働く働かないだけでは

悪という職場かどうかは評価判断できないこともある

 

たいていは後者側というのは理解できるが・・・

 

そういう意味で

自分で決められる責任のある自由であるなら

長く働くことが悪とはならない

 

あくまでその本人の意思が尊重されている環境が

生産性と本人の能力向上には必要だから

 

しかし

ここら辺はあなたの価値観の話であって

その職場のルールを無視せよというわけではない

 

あなた自身の自主性であり自律性がある自由で

あなたの環境が尊重させてもらえることが

仕事に対する取り組みに「心がある」こと

 

悪環境はあなたの心を失くしてしまうから

 

ご注意ください

能力向上のためのステップは守破離の原理どおり

 

守破離』とは

 

物事を学ぶ時の姿勢として

昔から受け継がれている言葉

 

この姿勢は

今のあなたのレベルより高い

物事を実行するために

最も大切な基本姿勢

 

修行を積む過程での順序を表す言葉で

独自の境地を拓く道筋として

師の流儀を習い学ぶ事の教え

 

自分なりの解釈としては

 

「守」 

真似てから(パクってから)

テンプレートのまま実践し

最初から完璧を求めず

早くからエラーを経験し

 

「破」 

量をこなしながら

そのままで使えるものや

そのままでは使えないものを見極め

微調整、修正しながら

質を高めて

 

「離」

自分のものにする

オリジナリティを含んだものにする

自己組織化で進化させる

 

それが文脈によって

変化スピードは変わっても

原則は変わらない

 

結果(変化)を生み出す原因(自分と環境)を

スピードよりしっかりと血肉にする

 

スピードはその後だ

 

文脈や環境や個人の持ち札によっては

物事のスピード変化は速くなるし

大きいものになる可能性はある 

 

しかし

統計学に平均への回帰があるように

1、2回くらいの成功で

すべてが分かることもないし

右肩上がりになることもない

 

基礎的レベルという土台作れていない状況では

脆弱なものとしかなり得ない

 

代償の法則

 

少数の法則

 

相応のところに戻されるから

 

ある意味

運任せの人生ということ

 

個人レベルの変化、能力の向上は

ゼロから足し算からのスタートだから

決して掛け算からではない

 

だから

より早くより簡単にしようという

人間の本能に直結するものに

目と耳と体が向きがち

 

そうなると 

無駄な努力をしないようにとか

より少ない努力で大きな成果を求めるとか

遠回りしないように近道をさがすこと

早く楽になりたい

早く認められたい

 

という本能的な思考や感情が根源となるものが

原動力となるから

初動は強いがそこから運よく早く上がれればいいが

 たいてい失速する、フェードアウトする

 

続かないから

 

その考え方を抜け出さない限り

 

成果、結果が出るスピードの速さは

文脈と運の要素も大きいことも理解しておこう

 

最後に最も自分が納得できるものになるのは

実際の経験量だから

 

経験しなくても分かるようになるのも

経験量(場数だ)

 

どんなアプローチで移行するにせよ

 

変えたいと思っている本人が

内発的動機づけが強いだけの目的と

歩むための心の柔軟性があるかどうか

 

その持続性にかかっている

今のあなたの世界観と人間性を観察してみよう

生まれたときから

自分にとって都合のよい持ち札が

用意されていることはないということは

もう理解できているだろう

 

また

たまたまあったとしても

それが続くことはないことも

もう理解できるだろう

 

それまで至るプロセスと

至った後のプロセスは

基本やることは変わらない

(経験値が上がるから本人の内面はかなり変わるだろう)

 

人生が保証されることがないから

持ち札のなかで人生に活かせるように磨き続ける

延々と続くプロセス

 

その中でもっとも重視すべきことが「人間性

 

あなたにとって

 

どんなにいい職場であろうと

 

どんなにいいマニュアルであろうと

 

どんなにいい人間関係であろうと

 

どんなにいい経営であろうと

 

どんなにいい戦略であろうと

 

どんなにいい戦術であろうと

 

どんなにいい人生であろうと

 

それを始めるのも人なら

 

それを維持するのも人なら

 

それをダメにするのも人だから

 

なぜ初心を忘れるのか

 

なぜ怠慢になるのか

 

なぜモラハラが横行するのか

 

なぜ理解してもらえないのか

 

なぜ不合理なことばかりなのか

 

なぜ認めてもらえないのか

 

なぜこれくらいのことができないのか

 

などなど

 

あらゆる

不都合なこと

不快なことは

誰しも思ってもみなかったところで

起こってしまうもの

 

自分の世界観(常識)で見れば

予想と期待が外れた状況

 

そのとき

その瞬間に

世界観を広げようとする心が持てるかどうか

 

ここで

名著『人を動かす』から一節

 

「腹を立ててはいけないー

 

何に腹を立てるか

それで人間の大きさが決まってくる

 

まず相手のことばに耳を傾けよー

 

相手に意見を述べさせ最後まで聞く

さからったり

自己弁護したり

論争したりすれば

相手の障壁は高まるばかりだ

 

相互理解の橋をかける努力こそ大切で

誤解の障壁をかさ上げするなど愚の骨頂である

 

率直であれー

 

自分が間違っていると思う点をさがし

率直にそれを認めてあやまる

 

それで相手の武装がとけ防衛の姿勢がゆるむ

 

相手の意見をよく考えてみる約束をし

その約束を実行せよー

 

相手のほうが正しいかもしれない

 

自分の言い分を通すのに

急なあまりあとになって

『あのときいったのに

  こちらのいうことを聞こうとしなかったではないか』などと

言われる破目になるより

初めに相手の主張をよく考えてみる約束をしたほうが

はるかに事は簡単だ」

 

引用はここまで

 

これらを読んでどう思いますか

 

もちろん

意識してみることは

あなたの人生にとって

とても有意義なことだろうが

これらを意識してみようということではない

 

人によっては「なるほど」と

今は思うかもしれない

 

しかし

感情的になったり

心が荒んでいたり

機嫌が悪かったりと

心に余裕がなければ

まず間違いなく上記のことは無視する

 

そのときが視野を狭くする瞬間だとも言える

 

それ以上に

日常において意識すること自体

必要がないのかもしれない

 

今のやり方で

別に我慢できるレベルなら

 

閾値を超えない限りは

人は成り行きに任せるなら

何も変えることはない

 

ここでは

よりよく変えたいならの話

 

あなたのどんな状況、文脈で

どんな心の状態(感情)なら

それらを無視させるか

或いは意識しようという心になるかを

自己観察と思考をしてみよう

 

そうすれば

あなたの最悪の人がらが出ないように

対策を前もってとればいいだけの話

 

しかし

それでも完璧にできることはない

 

仕事場や顧客との関係性や

仕入先や銀行の営業マンとの関係性など

さらには家族関係、親族関係、近所との関係性

そして友人との関係性

 

あなたからの刺激によって

或いは相手からの刺激によって

あなたや相手がどう反応するかは

完全に把握できることはできない

 

あなたのなかにも

相手のなかにも

知らないところで(無意識)

脳の仕組みとして

どの政党(考え)が顔を出すかが分からない

 

 エゴとして考えるか

 

よい人がらで考えるか

 

 何より

良い人間関係によってしか

あなたの幸福の持続性は望めない

 

そして

あなたがコントロールできるのは

あなたが良い影響を与えるための

あなたの日常の行為だけ

 

それが周りにどう受け入れられるかは

人によるから全て同じ反応とは限らない

 

でもそれに一貫性がなければ

持続性を失ってしまう

 

そういう意味では

価値観に沿って生きることが

あなたの行為に一貫性を持たせる力を持つ

 

それが一つの信頼という

土台形成であり

生涯つづくものと考えよう

自分自身や人を「観察」することを意識しよう

すぐれた人の話を聞くより

すぐれた人を観察しよう

 

人の話を聞くより

人を観察しよう

 

自分自身もしかり

 

自己観察で意識してほしいのが

今の状況でどんな感情が湧いているか

 

それによって

今の状況をどのように理解しているか

 

環境や人のせいにしようとしているか

 

エゴ(内なる獣)が出ていないか

 

とくに不快な状況に陥ったとき

 

ここで名著『人を動かす』からの

以前も紹介した一節

 

「最初に頭をもたげる自己防衛本能に押し流されてはならない

 

不快な状況に直面したとき

まずあらわれてくるのは

自分の立場を守ろうとする本能だ

 

気をつけねばならない

 

冷静にかまえ

最初の反応を警戒する必要がある

 

あなたの最悪の人がらが突出し

最善の人がらが隠れてしまうかもしれないのだ」

 

すぐれた人はよく論破しようとする

 

政治家さんや評論家の人も同様

 

論破してどうするの?

 

相手が「はい、間違っていました」と認めますか

 

素直に認めた人を見たことがない

 

それ以上に感情的になって反論してくるだろう

 

論破は自己満足にすぎない

 

自分の自己重要感を満たすだけで

何も変わることがない

 

何せ

あなたの考えは間違っているから

正してあげようという上から目線

 

理屈で人の考えを変えさせることしかできない人が

著名人はとくに多い

 

理由はさまざまだろうが

突きつめれば答えは同じ

自己重要感を満たすためだろう

 

もちろん

本人にその自覚はない

 

ある意味

相手を変えさせる目的よりも

論破はビジネスとしては成り立つからでもある

(ここら辺のところは分かる人には分かるだろう)

 

相手がどうやったら分かってもらえるのか

考えてみよう

 

理屈だけでなく

見えない感情的な部分も含めて考える

 

そうしないと

感情的な論争は不毛な論争でしかない

 

それには心穏やかなときに

自分と相手を「観察すること」が必要となる

 

「理解し理解される」

 

これは原則だから

 

目的は論破ではなく

お互いがよりよくなろうという姿勢だ

 

社会をよりよくしようとする

共通意識はあっても

ミクロ(個人的なプライドや感情)が

その目的を失わせてしまう

 

プライドの高い人の集まりにおいては特にそう

 

このコロナ禍における専門家集団もそう

 

公的機関のエリートたちもそう

 

そういう場に

間違いは誰にでもあるという環境こそ

弱さをさらけ出す環境こそ

最も必要な環境

 

そうでなければ

そういう人たちの暴走が止められない

 

間違っている意識があっても

責任と非難を恐れて自己保身に必死になる

 

当人事だけならまだいいが

多くの人にまで大きな悪い影響を及ぼしてしまう

 

これはエリートたちに限らず

誰もが陥るバイアス

 

あなたの良い心の状態を維持することは

相手を理解しようとする思考力が高まるから

自分や相手の本当の相互理解につながっていく

 

そのための前提を理解して準備しておこう

メメント・モリは諸刃の剣・・・

心理学には「脅威管理理論」がある

 

すべての人間は無意識に

死への不安を感じていて

あなたの選ぶ行動の多くは

その恐怖を解消するために行われるという説

 

良かれ悪かれ

人は死の不安によって突き動かされている

 

ブレーズ・パスカルが17世紀に残した

「人間は死、悲惨、無知を癒すことができなかったので

  自己を幸福にするためにそれらを敢えて考えないように工夫した」

という言葉はまさに脅威管理理論を先取りするもの

 

というと

「無意識の恐怖など検証できるのか?」といった

疑問が湧くかもしれない

 

本人にすら認識できない恐怖感を

どうすれば研究者は外部から観察できるのだろうか?

 

この難問に対して

心理学の世界ではサブリミナル刺激を使う

 

たとえば

2008年にスキッドモア大学が行った実験では

学生に対して「死」「花」「スニーカー」などの単語を

3ミリ秒だけ無意識下に刷り込ませた

 

すべては人間の目では確認できないスピードであり

気づいた人は誰もいない

 

ところが

その後で学生たちにアメリカの政治システムに関する

エッセイを読ませたところ

大きな違いが見られた

 

「死」のサブリミナルを刷り込まれた被験者は

「反米」よりも「親米」な内容のエッセイに良い点数をつけた

 

無意識に起きた死の不安が

己の世界観を維持したい心理を刺激し

アメリカ」という大きなフィクションを守る方向に

意識が働いたのだろう

 

「脅威管理理論」のエキスパートである

シェルドン・ソロモン博士は

こう言っている

 

「私たちはみな不安を抱えている

  自分自身への死への恐怖を

  どうにかやり過ごしていかねばならないのだ」

 

要するに

「死を想え」というアドバイス

あなたの考え方によって

結果が変わる諸刃の剣

 

ジョブズ氏や聖書が意図したような

メメント・モリ(死を想え)のメリットを引き出すには

たんに自分の死について考えるだけでは

切っ先を見誤る可能性がある

 

著書の引用はここまで

 

より俯瞰して捉えてみよう

 

メメント・モリ

人によっては力となり得るし

人によっては歪みにもなり得る

 

これは

人生そのものにも通じること

 

お金も

人によって世の中を良くも悪くもする

 

知識や情報も

人によって活かし方で良くも悪くもなる

 

何が違うのだろう

 

答えはお分かりの通り

それを使う「人」によって良くも悪くもなる

 

あなたの人としてどういう考え方

つまり

あなたの価値観が何か

 

それがもとに現われる

あなたの人間性は何か

 

感情のままに生きれば

まずメメント・モリはほとんど意味をなさない

 

価値観に沿って生きようとすれば

メメント・モリは良い方向に導いてくれるだろう

 

あなたにとって

自分事だけで物事が良くなるとは思わないはず

 

より大きなものの一つと捉えるなら

互恵によって幸福を得られることも

理解できるはず

 

自分の行為が

何かの役に立った時

必要とされているとき

あなたはこのうえない喜びを得ていることを

感じているはず

 

あなたが利益を得ることより

周りの人との関係性によって

幸福を得られている 

 

あなたの能力を示す場があっても

それを認めてくれる人いても幸福を感じるはず

 

しかしそれ以上に

それを本当に必要としている人がいて

初めて本当の幸福感が得られる

 

あなたの生涯の仕事をそういうものにしよう

 

そして

あなたにとっての適職

つまり

天職とはそういうものだろう

 

しかし

あなたは周りを見渡せば

「今」を維持するためや

今の苦痛から逃れるための情報や資源など

迷わすものや歪めるものがいくらでもある

 

それらが

あなたの価値観に沿ったものか(理性)より

今のあなたを心地よくするものかどうか(感情)で

評価判断することが多いだろう

 

もちろん

ここで書いていることがすべてではない

 

一つの方向性を示しているに過ぎない

 

あなたの答えは

あなた自身で正解を築いていくものであり

何もしなくてもその正解は

時とともに

状況によっても 

変化していくものだから

 

そう

あなたの人生の正解は必ず変化する

 

だからこそ

その正解の変化とともに

あなた自身もよりよく変化していく必要がある

 

それが

あなたの人間性を磨く意味でもある

幸福感が高まるのは「貢献した」とき

自分にとっての本当の価値観を見つけ出す作業は

骨が折れるような作業

 

抽象的なことに対して具体的に当たはめて

日常に反映しなければならないから

 

逆に

自分以外の人の具体的なものを

原理原則的な部分などを抽出して

抽象的に理解していなければならないことも

骨が折れる

 

つまり

抽象と具体の行き来は

日常での訓練あるのみ

 

だから慣れていないなら

よくよく考えたとしても

自分がしっくりくるような価値が出てこないケースも多々ある

 

正解がないものに答えるのだから

 

そもそも「価値観の明確化」が

人の生理に反した行為だから

何も浮かばなかったとしても仕方ないこと

 

そんなときは

いったん「最大公約数の価値観」に従ってみるのも手

 

多くの人に共通する価値観をとりあえず採用して

自分の不安感がやわらぐかどうかを確かめてみよう

 

ミシンガン州立大学が

約20万人分のデータを精査したメタ分析によれば

人間は以下の4つの価値観に幸福を感じやすい性質を持っている

 

 

  • 多様性 仕事や人間関係に多彩さがあること

 

  • 困難  人生のタスクに適度な難しさがあること

 

  • 貢献  他者の役に立っているかどうか

 

いずれも納得の要素だが

このなかで飛び抜けて影響が大きいのは「貢献」

 

自分の行動が

他者に良い影響を与えていると

確信できたときほど

あなたの幸福感は高まりやすくなる

 

かつてキング牧師が聴衆に語りかけた

「人生で最も永続的でしかも

緊急の問いかけは

『他人のためにいまあなたは何をしているか』である」

という言葉は定量的なデータでも裏付けられた事実

 

もし未来の選択に不安を感じたら

試しに「誰かの役に立つ行動はなにか?」を考えてみよう

 

その瞬間にあいまいだった未来は

いまここに収束し

不安が情熱に変わる

 

価値観に沿った行動を取る限り

あなたの未来にはもはや失敗があり得ないからである

 

著書の引用はここまで

 

今日の内容で分かる通り

だれもが当たり障りもなく

「貢献」というものに価値を見出すはず

 

自身にとっては

自分の行為が貢献できたとき

最も自己重要感が得られると思っている

 

ただ

それが何で貢献するかは

日々問い続ける必要はある

 

その行為そのもので

人に良い影響を与え

人が良い影響を受ける

 

逆もしかり

 

そこに信頼というものが生まれる

 

それが良い人間関係を維持する土台形成

 

あなたは人から必要とされてますか

 

或いは

あなたは人から必要とされるように

日々努めていますか

 

そこに自分の仕事(適職)の方向性が見えてくる

ロールモデルを探そう・・・

今の状況を変えたいなら

今の状況を変えるのは

自分自身しかいない

 

ただ

自分が変わろうとするとき

何より一番の問題は

今までの周りとの関係性(距離感)をどうするか

 

人に

どう思われようと

どう見られようと

関係なくやれる

メンタルにいかに早くできるようになるか

 

結局

心の境界線(バウンダリー)を引けていないことが多いので

感情に振り回されてしまう

 

今までどおりに接していたら

変わることは難しい

 

だが

今までの自分の役割、立場を  

全く更地にしてから

自分を変えることなど土台

無理な話

 

とにかく

変われる土壌は

自分でつくるしかない

 

その一つが

ロールモデルを見つけること

 

しかも

毎日見れる或いは接することが出来る

ロールモデルがいると全然やりやすくなる

 

言い換えると

身の丈にあった巨人の肩に乗り続けようということ

    

もちろん

身近な人でもいいし

本からでもいい

 

あなたにとって

自分より優れた人

望む結果を出している人を観察しよう

 

 

毎日

自分より基準が高い人

自分より能力が高い人を見るなり(DVD)

読むなり(本、記事)

聞くなり(CD)

 

それは

自分に合った方法を見つける

 

自身も近くにロールモデル

見つからなかったので

アスリート、プロと呼ばれている人たち

優れた経営者、歴史上の偉人など

基準が高い人

能力が高い人

ロールモデルとして

毎日読んだり、見たり、聞いている

 

基準の高い人の考え方に触れてみると

 

長いスパンで物事を考えられること

 

現状に満足しないこと 

 

など

 

具体的なことより

抽象的なことが

だいたい分かってくる

 

もちろん

すべてできることはないし

一気に変わろうとしても

何よりメンタルがついていかない

 

心の弱さを自覚して

考え方も能力もそう簡単に

変えることも高めることもできないと

受け入れよう

 

この現状を受け入れる力はとても大切

 

これが一つの「心の柔軟性」

 

だから

自身がよくやるのは

目指す基準になるまでに

だいたいやりやすいように

ステップを増やしていく

 

ステップの数や

自分のメンタルと環境を照らし合わせて

やり方を見つけよう

 

収入を高めたいと思っても

年収200万だった人が

基準の高い人がやっていることをして

いきなり年収1000万なることはない

 

念押しで書くが

もし1000万が稼げても

それを維持できることがあるかということ

(あらゆる意味で積み上げがなければ維持できないと思っていい)

 

必ず

そこに至るステップやプロセスが必ずあるから

 

いきなりなった人が維持できないのは

どうしてかを考えよう

 

考え方も変えず

たまたまで実力と思えば

余計に維持することに

かなりの重荷(プレッシャー)となる

 

能力も伴っていないし

何よりメンタルも育っていないので

耐えられないだろう

     

だから

結果にコミットすることにこだわり過ぎると

その人自身の人間性をダメにしてしまう

 

その人自身のエゴが結果のコミットしたがゆえに

何でもありにしてしまうから

 

目標を持つことが害になると

いわれる理由の一つ     

 

多分これ分かる人は

なかなかいないと思う

 

目標を持つことはいいことと

捉えている人が多いから

 

もちろん

その人自身の文脈による

 

自身にとっては

自分ができるくらいに絞って

(ハードルを下げて)

毎日見れるように

忘れないようにしている

 

しかし

優れた人のことではない

 

際立つ結果を出す人のことでもない

 

収入が高い人のことでもない

 

こんな人をロールモデルにすると

基準の違いや解釈の違いで

現実的に行動し続けることが難しい

 

いい話、厳しい話の一時の感情で終わってしまう

(フェードアウトして日常に戻る)

 

結果より一つの事を

ずっと長く懲りずに続けている人 

 

最低10年続けられるようにすること

 

そうしたら

人生は確実に変わるだろう 

 

誰も地道なことをやりたがらないからこそ

価値がある